スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



薄毛女性はシステインとメチオニンも意識しましょう

前回、髪の毛を作る材料として、良質なタンパク質をとりましょうと書きました。

☆髪の毛の材料はタンパク質です

髪の毛を構成するタンパク質のなかで、特に意識したいのがシステインです。

システインはタンパク質を構成するアミノ酸の一種で、
髪の毛のタンパク質中もっとも多い16%を占めているほか、
髪の毛の材料であるタンパク質のなかのケラチンを結びつける役割を果たしているからです。

またシステインが不足する原因は、目の疲れにあることが多いので、この記事も参考にしてくださいね。

☆女性の薄毛の原因(11)目が疲れていませんか?

システインはそれほど特殊な物質ではなく、多くの食物に含まれていますが、
より多く含んでいるものを挙げておきますね。

いわし、 まぐろ、かつお、えび、卵、赤唐辛子、ニンニク、タマネギ、ブロッコリー、
芽キャベツ、オート麦(オーツ麦)、小麦胚芽、柿、栗など。

アミノ酸なので、お肉やお魚、卵だけに含まれているわけではないんですね。
薄毛解消のためには、いろいろな食品をバランスよく栄養をとりましょうと書いた意味がわかると思います。
上に挙げた食品のなかで、オート麦は日本ではなじみがありませんが、
アメリカで朝食によく食べられているオートミールの材料です。

また小麦胚芽は健康食品として売っていますし、全粒粉を使ったパンを食べれば摂取できます。



tamanegi


もう一つ、意識して摂取したいのがメチオニンです。
耳慣れない名前ですが、体内でシスチンを合成する働きがあることなどから、
髪の毛を構成する16のアミノ酸のうち、もっとも重要なアミノ酸といわれています。

なぜメチオニンをここで取り上げたかといえば、メチオニンは必須アミノ酸の一つで、
体内で合成できないので食べ物で補う必要があるからです。

メチオニンもそれほど特殊な食べ物に入っているわけではありませんので、安心してくださいね。
メチオニンを多く含むのは、下記のような食品です。

野菜類では、大豆、ホウレンソウ、グリーンピース、ニンジン、キャベツ、白菜、ゴボウ、モヤシなど。
魚介類では、アサリ、カキ、シジミ、アジ、イカ、カレイ、シラス干し、サバ、サケ、サンマなど。
ほかに、チーズ、牛乳、トウモロコシ、ピスタチオ、カシューナッツなど。

さらに、コンブやワカメ、ヒジキ、もずくなどにも含まれています。
これだけバラエティがある食品に含まれていれば、ほんのちょっと意識するだけで、
きちんと摂取することができるでしょう。

昔から髪の毛には海藻類が良いとされてきましたが、あながち根拠のない話ではなかったんですね。
またメチオニンが不足すると、抜け毛の原因になるだけでなく、
更年期に入ると気になる、コレステロールを沈着させ、動脈硬化の引き金になります。

薄毛解消のためにも、健康のためにもシステインとメチオニンを意識して摂取しましょう。

※なお、シスチンとシステインは名前が似ているため、混同しやすいですが、
システインが2つ結合したものがシスチンです。

☆薄毛に良い食べ物「大豆編」

☆薄毛に良い食べ物「野菜編」
関連記事



テーマ : 抜け毛・薄毛・若ハゲ・髪の毛の悩み
ジャンル : 心と身体

tag : 薄毛女性 食べ物 抜け毛予防 食品

人気記事TOP10
女性の薄毛の治し方は抜け毛を見てわかる!
薄毛女性なら、この成分には要注意です
女性ホルモンを増やす5つの法則
育毛サプリメントの種類と選び方
女性の薄毛を治療してくれる病院の探し方
正しいシャンプー方法は薄毛解消の基本!
女性ホルモンを自然に増やして薄毛解消
育毛マッサージ(2)アタマにある代表的なツボ
育毛剤ってホントに効果があるの?
シャンプーには薄毛になる危険がいっぱい
カテゴリ
Ads by Google
プライバシーポリシー
RSS
My Yahoo!に追加
Add to Google
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 発毛・育毛
ブログランキング
FC2 Blog Ranking
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。