「薬用 」シャンプーは薄毛に効果があるの?

シャンプーでも育毛剤でも「薬用」と書かれていると、なんとなく効果がありそうですよね。
ちなみに「薬用」と書かれていれば、それは「医薬部外品」に分類されます。
いよいよ、効きそうですね。なんといっても「医薬」ですから。

ところが、これは大きな誤解です。
一般的に「医薬部外品」の定義は、
「医薬品ではないが効能効果が期待される成分が配合されており、予防に重点を置いたもの」
などとされています。

「予防」であって、決して「改善」ではないことに注目してください。

つまり、わざわざ高い「薬用」シャンプーを買っても、薄毛の改善効果は期待できません。
個人的な意見ですが、シャンプーは頭皮を清潔にするのが本来の役割であって、
育毛効果を期待するほうが間違いだと思います。

薄毛や白髪が気になる女性に関係のある「医薬部外品」としては、
ほかにヘアカラー剤や育毛剤がありますが、
これらも「薬用」や「医薬部外品」と書かれているというだけで信用してはいけません。

特に、育毛剤や発毛剤には「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の3つが混在していますが、
「医薬品」と「医薬部外品」の区分は、薬事法の定義があいまいで、
皮膚科のお医者さんが読んでもさっぱりわからないそうです。

ちなみに「医薬品」育毛剤・発毛剤の効能は、
壮年性脱毛や円形脱毛症における発毛、育毛および脱毛の進行予防など。
「医薬部外品」の効能は、脱毛予防、発毛・育毛の促進など。

確かに、どこが違うのか首をかしげたくなりますね。


yakuyousyampoo


そして、いちばん怖いのは、なぜか「化粧品」に全成分の表示義務があって、
「医薬部外品」には表示義務がないことです。

いちおう「表示指定成分」として、
アレルギーなどの皮膚障害を起こす可能性のある成分名だけは表示が義務づけられていますし、
医薬部外品関係団体の定めた自主基準に基づき、
配合されている全ての成分について、その名称を製品の外箱等に表示することになっています。

ただし、これはあくまで自主基準で、罰則はありません。
表示方法も「化粧品」は配合の多い順に成分を表示することになっているのに対して、
「医薬部外品」は、有効成分とその他の成分に分かれているだけです。

イジワルな見方をすれば、ほんの少しでも有効成分が入っていれば表示してよいということです。
その有効成分の配合量も「メーカーが申請した資料によって認めた量」で、
国が効果が発生すると認めた量ではありません。

「医薬品」の場合は薬剤師の説明がなしには買えませんが、
「医薬部外品」は化粧品と同じくふつうに買うことができます。

わたしが見たなかでは、敏感肌用の「薬用」シャンプーで、成分表示のないものがありました。
それも、かなり大手のメーカーの製品ですよ。
さすがにホームページには記載がありましたが、
製品の外側には「医薬部外品」とだけしか書かれていませんでした。

ですから「薬用」シャンプーを使うのはかまいませんが、過剰な期待は抱かないことです。
また「薬用」「医薬部外品」というだけで信用せずに、きちんと自分で成分を確かめましょう。

お肌を改善するのに、いろいろな成分を試した経験のある女性なら、だいじょうぶです。
薄毛の改善にシャンプーや育毛剤を選ぶのも、それと同じことですよ。
しっかり成分表示を読んで、自分の頭皮と髪の毛の変化を観察してくださいね。



関連記事



テーマ : 抜け毛・薄毛・若ハゲ・髪の毛の悩み
ジャンル : 心と身体

tag : 薬用シャンプー 薄毛 改善効果 薄毛女性

人気記事TOP10
女性の薄毛の治し方は抜け毛を見てわかる!
薄毛女性なら、この成分には要注意です
女性ホルモンを増やす5つの法則
育毛サプリメントの種類と選び方
女性の薄毛を治療してくれる病院の探し方
正しいシャンプー方法は薄毛解消の基本!
女性ホルモンを自然に増やして薄毛解消
育毛マッサージ(2)アタマにある代表的なツボ
育毛剤ってホントに効果があるの?
シャンプーには薄毛になる危険がいっぱい
カテゴリ
Ads by Google
プライバシーポリシー
RSS
My Yahoo!に追加
Add to Google
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 発毛・育毛
ブログランキング
FC2 Blog Ranking
このエントリーをはてなブックマークに追加