タバコはお肌にも薄毛にも大敵です!

女性の薄毛の原因、その13はタバコの害についてです。

タバコが人体に有害であることは、科学的に明らかです。
ただし、タバコと薄毛やハゲの関連について、はっきり証明されたわけではありません。


それでも、わたしは、タバコは薄毛女性には厳禁!と思っています。
わたし自身、喫煙者だったのですが、薄毛解消を決意したときに禁煙しました。
それで髪の毛に目に見えて変化があったかというと、正直、わかりません。

育毛剤、シャンプー剤などを変えたり、食生活を変えたりと、
続けざまにいろいろな育毛方法を試していたので、タバコだけに原因を絞ることができないのです
(ただ、肌色は明るくなりましたし、貧血気味だったのがよくなりました)

けれど、いろいろ調べてみると、やはりタバコは薄毛に有害だしか思えません。

タバコの主成分の一つ、ニコチンは血液中に入り込み、毛細血管を収縮させます。
特に頭皮は、この影響を受けやすく、喫煙後、数分で1~3℃も一気に頭皮表面温度が低下します

毛細血管の萎縮は、単純に毛根への血流量を減らしてしまいますので、
毛根に充分な栄養が行き届かなくなるという事になります。

毛根を包んでいる毛包の周囲には、網の目のように毛細血管が張り巡らされていて、
髪の成長に必要な栄養素や酸素を毛包に運んでいるのです。
この血流を阻害して、髪の毛に良いはずがありません。

さらにニコチンは、悪玉コレステロールを取り込みやすくしますので、
更年期で「血管年齢」が気になりだした女性にはダブルパンチです。

また、タバコに大量に含まれる一酸化炭素は、
酸素にくらべて200倍も血液中のヘモグロビンと結びつきやすく、赤血球の酸素運搬能力を低下させます。
喫煙者がすぐ息切れするのは、このせいです。

そして、すでに書いたとおり、髪の毛の成長にも酸素は必要なのです。

tabakono

さらに、タバコを吸うと体内のビタミンCが大量に破壊・消費されます。
ビタミンCには抗酸化作用があり、
活性酸素の除去・抗ストレス・免疫機能の増加などの役割を果たしています。
そしてビタミンCが不足すると、皮膚の真皮層を構成するコラーゲンの生成が妨げられます。

これが、タバコがお肌によくないといわれる理由です。
お肌によくないものは頭皮にも良くないとは思いませんか?

タバコには、実に4000種類以上の化学物質が含まれていて、
そのうち、明らかに有害とわかっている化学物質は200種類を超えており、
発がん性がわかっているものだけでも60種類あります。

タバコも値上がりしたし、禁煙の場所も増えましたし、喫煙者は何かと肩身が狭い今日この頃。
薄毛を気にしているのなら、思い切って禁煙しましょうよ。
関連記事



テーマ : 抜け毛・薄毛・若ハゲ・髪の毛の悩み
ジャンル : 心と身体

tag : 薄毛女性 タバコ 原因

人気記事TOP10
女性の薄毛の治し方は抜け毛を見てわかる!
薄毛女性なら、この成分には要注意です
女性ホルモンを増やす5つの法則
育毛サプリメントの種類と選び方
女性の薄毛を治療してくれる病院の探し方
正しいシャンプー方法は薄毛解消の基本!
女性ホルモンを自然に増やして薄毛解消
育毛マッサージ(2)アタマにある代表的なツボ
育毛剤ってホントに効果があるの?
シャンプーには薄毛になる危険がいっぱい
カテゴリ
Ads by Google
プライバシーポリシー
RSS
My Yahoo!に追加
Add to Google
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 発毛・育毛
ブログランキング
FC2 Blog Ranking
このエントリーをはてなブックマークに追加