スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



白髪を隠すヘアマニキュアも有害成分がいっぱい

白髪を染めずに隠すだけ、
髪の内部にはしみこまないから、ヘアマニキュアは安全と思ってませんか?
わたしは思ってましたw

だから、白髪染めの回数を減らすために、ヘアマニキュアを愛用してたんです。
白髪染めのような刺激もありませんしね。

ところが、成分を調べてみたら、 頭皮に良くない成分だらけ。
たいていのヘアマニキュアで 水の次に書かれている成分はエタノールです。

これは殺菌・消毒作用が強くて 人体に有害なんです。
「~エタノール」と書いてあっても同じこと。

さらに「~アミノフェノール」。
これも皮膚刺激が強く、アレルギー反応を起こす可能性のある成分です。


whitehair2


ほかにはタール系色素
といっても、何のことかわからないと思いますが、
「黒401」「黄203」「赤227」などと書かれている成分です。

これは髪を染める染料ですが、 旧表示指定成分で、 アレルギーや皮膚病、発ガン性などが疑われる色素です。
無添加化粧品には 「タール系色素無添加」と うたったものが多いのはそのためです。

タール系色素は、現在、約80種類が化粧品に使われてます。
口紅やアイカラーに多いですね。

ですから、いますぐどうこうというわけではありませんが、
弱った頭皮のダメージになることは確実です。

もちろん、こんな成分が入ったヘアマニキュアが髪に良いわけがありません。
それに、白髪って根元から染めたいですから、
頭皮につけないように使うのも ぜったいムリですよね。

ですから、いろいろ調べた結果、わたしはヘアマニキュアを使うのはやめました。

髪にやさしい白髪染めって ちょっと高かったり、
またヘナは時間と手間がかかるのが難点ですが、薄毛改善のために必要な投資です。


とにかく頭皮の健康を考えたら、
人工染料で髪の毛を染めるのは、ヘアマニキュアでもバツなのです。
関連記事



テーマ : 抜け毛・薄毛・若ハゲ・髪の毛の悩み
ジャンル : 心と身体

tag : 白髪染め 悪い成分

人気記事TOP10
女性の薄毛の治し方は抜け毛を見てわかる!
薄毛女性なら、この成分には要注意です
女性ホルモンを増やす5つの法則
育毛サプリメントの種類と選び方
女性の薄毛を治療してくれる病院の探し方
正しいシャンプー方法は薄毛解消の基本!
女性ホルモンを自然に増やして薄毛解消
育毛マッサージ(2)アタマにある代表的なツボ
育毛剤ってホントに効果があるの?
シャンプーには薄毛になる危険がいっぱい
カテゴリ
Ads by Google
プライバシーポリシー
RSS
My Yahoo!に追加
Add to Google
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 発毛・育毛
ブログランキング
FC2 Blog Ranking
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。