スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



アミノ酸系シャンプーって、ホントに良いの?

まず、知っておいていただきたいのが、
「アミノ酸系」というのは、正式な名称ではありません。

よく目にするのは「アミノ酸系洗浄成分」という表記ですが、
これはアミノ酸系の合成界面活性剤を使っているという意味です。

なんとなく「合成界面活性剤」というと悪いイメージがあるので、
肌にやさしいアミノ系洗浄剤などと言い換えているわけですね。

アミノ酸系というのは、ほとんどがヤシ油脂肪酸などを
原料として使っている洗浄成分で髪や頭皮にやさしいことは確かです。

ただ、洗浄力が弱いので、2度洗いが必要な製品もありますし、
「アミノ酸系」という言葉そのものが化粧品業界の造語なのですから、
アミノ酸系と書いてあるだけで良いものとはいえません。


値段の安いシャンプーのなかにはちょっとだけアミノ酸系を使って、
ほとんど高級アルコール系洗浄成分が主体というシャンプーだってありますからね。


drugstore



オススメのアミノ酸系合成界面活性剤は下記の4つです。

アシルグルタミン酸・
ラウロイルメチルアラニンNa
ココイルメチルタウリンNa
ココイルタウリンNa


ネット情報のなかには、主成分に「ココイル~」「コカミド~」などと表示されている場合は、
アミノ酸系シャンプーと言い切っているものがありますが、
コカミドプロピルベタイン(ラウラミドプロピルベタイン)はアミノ酸系ではありません!

また、石ケンシャンプーもアミノ酸系に分類されています。
ひとくちにアミノ酸系といっても原料や合成方法はさまざまで、
安いものから高級なものまであるので、成分をきちんと確認することが大切です。

アミノ酸系とうたっていても、

☆合成界面活性剤のコワイ話

☆薄毛女性なら、この成分には要注意です

この記事に書かれているような成分が入っていれば、やはり育毛のためにはマイナスです。

値段の高い、大手メーカーのシャンプーでもこのような成分を使っていることがあるので、
くどいようですが、成分は必ず確認しましょう。
関連記事



テーマ : 抜け毛・薄毛・若ハゲ・髪の毛の悩み
ジャンル : 心と身体

tag : アミノ酸系シャンプー

人気記事TOP10
女性の薄毛の治し方は抜け毛を見てわかる!
薄毛女性なら、この成分には要注意です
女性ホルモンを増やす5つの法則
育毛サプリメントの種類と選び方
女性の薄毛を治療してくれる病院の探し方
正しいシャンプー方法は薄毛解消の基本!
女性ホルモンを自然に増やして薄毛解消
育毛マッサージ(2)アタマにある代表的なツボ
育毛剤ってホントに効果があるの?
シャンプーには薄毛になる危険がいっぱい
カテゴリ
Ads by Google
プライバシーポリシー
RSS
My Yahoo!に追加
Add to Google
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 発毛・育毛
ブログランキング
FC2 Blog Ranking
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。