石けんシャンプーの落とし穴

薄毛を気にしている女性のなかには、髪にやさしいらしいという理由で
石ケンシャンプーの購入を考えている方もいると思います。

そんな方に、ぜひ知っておいて欲しい情報です。
石けんシャンプーは、確かに合成界面活性剤が使われていません。
でも、だから髪や頭皮にやさしいかというと、いちがいにはいえません。

石けんシャンプーも、体質的に合う合わないがあるのです。

石ケンシャンプーには必ず「石ケン素地」あるいは「カリ石ケン素地」が使われています。
これこそが石ケンだからです。
ところが、石ケンというのはアルカリ性です。

頭皮はお肌と同じく弱酸性なので、皮膚の弱い方だと、かえってかぶれることがあります。

特に、防腐剤無添加とうたっている石けんシャンプーはアルカリ性が強いので要注意です。
アルカリ性を強くすることで、防腐剤と同じ効果を持たせているのです。

どうして、シャンプーには防腐剤が必要なのかというと、
シャンプーの使用条件がとても過酷だからです。

温度、湿度ともに高い浴室にあり、ポンプで押して使うたびに
そのぶんの空気がシャンプーボトルに入り込みます。

シャンプーの主成分は水ですから、どうしても腐りやすいので、
なんとかして防腐しないと製品としての品質が保てないのです。

最近は、弱アルカリ性の石ケンシャンプーも発売されていますが、
そういう製品には「エチドロン酸」など防腐剤が入っていることがほとんどです。

これ、弱いながらも毒性があるんです。
痛し、かゆしですね。


sekkenshampoo


ほかに、ふつうのシャンプーから石けんシャンプーに変更するときは、かなり、たいへんです。

石けんシャンプーには、手触りをよくするための界面活性剤や保湿剤も入っていないものが多いので、
シャンプーしてみると髪がキシんで、ゴワゴワします。
いままでのシャンプーでは経験したことのない手触りということは覚悟しておいたほうがイイです。

ほかに、石ケンカスがこびりつきやすいので、
きれいに洗ったつもりでも、ブラッシングのたびにフケのようなものがついたりします。

石けんシャンプーに付属のコンディショナーにもよりますが、
合成界面活性剤や合成の保湿剤を添加していないコンディショナーですと、
髪のツヤなども一時的になくなります。

この状態が、3ヶ月から半年くらい続くんです。
それに耐えて使い続けて、初めて石ケンシャンプーの効果が実感できるというわけ。

ただし、石ケンシャンプーを使ったら、石ケンカスが頭皮に残って
かえって薄毛になったという人もいますので、ぜったいに薄毛に良いとはいえません。

ほとんどの石ケンシャンプーは高価なぶん、
粗悪な合成界面活性剤を使ったシャンプーより 品質が良いのは確かですが、
では育毛に良いかというと、それはまた別の話です。

最初に書いたように、体質にあう、あわないもあり、 マイナス面もあることは知っておいてください。
関連記事



テーマ : 抜け毛・薄毛・若ハゲ・髪の毛の悩み
ジャンル : 心と身体

tag : 薄毛女性 石ケンシャンプー 頭皮

人気記事TOP10
女性の薄毛の治し方は抜け毛を見てわかる!
薄毛女性なら、この成分には要注意です
女性ホルモンを増やす5つの法則
育毛サプリメントの種類と選び方
女性の薄毛を治療してくれる病院の探し方
正しいシャンプー方法は薄毛解消の基本!
女性ホルモンを自然に増やして薄毛解消
育毛マッサージ(2)アタマにある代表的なツボ
育毛剤ってホントに効果があるの?
シャンプーには薄毛になる危険がいっぱい
カテゴリ
Ads by Google
プライバシーポリシー
RSS
My Yahoo!に追加
Add to Google
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 発毛・育毛
ブログランキング
FC2 Blog Ranking
このエントリーをはてなブックマークに追加