スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



大豆イソフラボンの摂取量は気にしなくてだいじょうぶ

女性ホルモンの代わりをする物質としてよく知られた大豆イソフラボン。

更年期の症状を和らげてくれる作用もあるといわれますし、骨粗しょう症にも良い、
薄毛にも良い、ガンのリスクを下げるとはいわれているのですが、
大豆イソフラボンの研究はまだ始まったばかりで、その働きも、よくわかっていないのが現状です。

厚生省の食品安全委員会が2006年に出した報告では、
乳児とヨウソ欠乏症の疑いがある人、
乳がんを経験した女性は過剰摂取には注意が必要とありましたので、
過敏に反応している方もいらっしゃるようですが、

過剰摂取とは1日150mg以上、それも食品ではなくサプリメントなどで
大豆イソフラボンアグリコン換算値で摂取した場合の研究です。


また大豆イソフラボンアグリコンの1日の摂取量の上限を75mgと定めたため、
「自分は納豆を食べすぎではないか?」と思った方もいらしゃったようですが、
納豆やみそ汁、枝豆など、食品の形で摂取した場合、
大豆イソフラボンが過剰に体内に吸収されることはありません。

大豆の中には、イソフラボンの過度な吸収を抑制する作用のあるものなども含まれていて、
多量に大豆製品を摂取したからといって体に悪影響が出ることはほとんど考えられないからです。


食品安全委員会が上限値を定めたのは、
あくまでサプリメントなど人工的な形での摂取をした場合の弊害を考えての基準値です。
安心して、高野豆腐もきなこも食べてください。


soybeen1

味噌、しょうゆなど、日本人の食生活には大豆が欠かせないものですし、
サプリメントを取るよりも自然な形でとったほうが良いので、わたしはサプリメントはオススメしません。

それでもという方のために、特定保健用食品、
つまりサプリメントなど人工的な形で大豆イソフラボンアグリコンを摂取する場合の上限を書いておきますと、
ふだんの食生活に加えて、1日あたり30mgの上乗せが限度です。

また育毛にも更年期障害にも大豆イソフラボンだけでは効果はありません。
ほかの色々な食品とバランスよく組み合わせて食べてこそ、効果を発揮するのです。

それだけは忘れないでください。

いちおう、大豆イソフラボンがどのくらい摂取できるか目安をあげておきますね。
mgが大豆イソフラボンの量です。
大豆イソフラボンは人によって吸収率が様々なので、ここでは平均値を書いています。

<大豆イソフラボンの摂取量の目安>

納豆 1パック(50g)  65.0mg
大豆飲料 125ml   69.0mg
豆腐 1/2丁(110g) 55.0mg
油揚げ 1/2枚(75g) 52.5mg
大豆煮 50g      30.0mg
きな粉 大さじ1(6g)  15.6mg
みそ 大さじ1(18g)   7.2mg
(味噌汁約1杯分当たりの含有量)
関連記事



テーマ : 抜け毛・薄毛・若ハゲ・髪の毛の悩み
ジャンル : 心と身体

tag : 大豆イソフラボン 摂取量

人気記事TOP10
女性の薄毛の治し方は抜け毛を見てわかる!
薄毛女性なら、この成分には要注意です
女性ホルモンを増やす5つの法則
育毛サプリメントの種類と選び方
女性の薄毛を治療してくれる病院の探し方
正しいシャンプー方法は薄毛解消の基本!
女性ホルモンを自然に増やして薄毛解消
育毛マッサージ(2)アタマにある代表的なツボ
育毛剤ってホントに効果があるの?
シャンプーには薄毛になる危険がいっぱい
カテゴリ
Ads by Google
プライバシーポリシー
RSS
My Yahoo!に追加
Add to Google
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 発毛・育毛
ブログランキング
FC2 Blog Ranking
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。