スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



江戸時代にもカツラはあった!

江戸時代にも薄毛やハゲで
悩む人はいた、というお話です。

歌舞伎は、現代と同じように
カツラを使っていました。

ただ、カツラの土台が銅版で、
そこの人毛を植えたものなので、
ヘルメットのような感じでしょうか。

昔の人は髪が長いので、
その上にかぶるのですから、

かなり大きなものになったようですが、
舞台ではそのほうが映えるので、
かまわなかったようです。

さて、肝心の一般の人は
どうだったかというと、
すっぽりかぶるカツラはありませんでした。

というのも、
男性は「さかやき」というのですが、
前頭部から頭頂部にかけて、
剃っていますよね。

だから、あまりカツラの必要が
なかったと思われます。

「さかやき」は、
もともと年をとった男性が
ハゲるのを尊重してできた髪型だ
という説もあるくらいで、

ハゲは特に問題にされることは
なかったようです。
町人や隠居などなら、
剃ってしまう人も多かったとか。

ただ、働き盛りの武士などが
髪の毛が少なくなって、
マゲが結えなくなると、

スーツを着られないのと
同じようなことですから、
出勤できなくなるので
問題だったようです。

そういう場合は、
「入れ毛」という増毛方法がありました。

他人の毛を上手く足して、
マゲを結うんですね。

女性の場合も、
マゲを結っていましたから、
髪が少なくなるとボリュームがでないので、

「かもじ」という
髪の毛のかたまりを中にいれて、
ボリュームアップしていました。

もちろん「かもじ」屋もありました。
江戸時代には
人毛はちゃんと売買されていたんです。

あと、余計な話ですが、
「夜の花」などといって、
下の毛用の付け毛もありました。

これは主に遊女が使用したそうです。

江戸時代にも、
薄毛で悩む女性はいたんですね。
関連記事



テーマ : 抜け毛・薄毛・若ハゲ・髪の毛の悩み
ジャンル : 心と身体

tag : 薄毛女性 江戸時代 カツラ

人気記事TOP10
女性の薄毛の治し方は抜け毛を見てわかる!
薄毛女性なら、この成分には要注意です
女性ホルモンを増やす5つの法則
育毛サプリメントの種類と選び方
女性の薄毛を治療してくれる病院の探し方
正しいシャンプー方法は薄毛解消の基本!
女性ホルモンを自然に増やして薄毛解消
育毛マッサージ(2)アタマにある代表的なツボ
育毛剤ってホントに効果があるの?
シャンプーには薄毛になる危険がいっぱい
カテゴリ
Ads by Google
プライバシーポリシー
RSS
My Yahoo!に追加
Add to Google
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 発毛・育毛
ブログランキング
FC2 Blog Ranking
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。