スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ヘアスタイルがきまらなくて毎朝イライラ

皮肉なことに、わたしがヘアスタイルに関心を持つようになったのは、
薄毛になってからでした。
おしゃれではなくて、薄毛を隠すために髪形を工夫するようになったのです。

美容院でも、薄くなった頭頂部をカバーできる髪形をと注文しました。
もちろん美容師さんは、一生懸命その注文に答えてくれました。

それで辿りついたのが、前髪を多くするヘアスタイルです。

☆薄毛を隠す髪形のコツ

とにかく他人の目が気になって、薄毛をカバーしようと必死でした。
それでもカットだけでは、うまくカバーできないんですね。

髪の毛に悪いとわかってから、パーマをかけるのをやめたので
毎朝、早起きして、30分くらいかけてホットカーラーで根元から立ち上げて、
ふんわりと横に流して、前頭部の薄いところを隠してました。

もちろん、スタイリング剤もたっぷり使ってましたよ。
もともとコシがない髪の毛なので「長時間スタイルキープ」
みたいなことが書いてあるスタイリング剤を選んで、つけてました。

それでも夕方にはペタンコになってくるので
髪の毛が気になって仕事にも身が入らないということも、しばしばでした。
トイレに駆け込んで必死で、逆毛をたてたこともあります。


hairspray


とにかく髪のことが気になってイライラするばかり。

いま思えば、これがイチバンいけなかったんですね。
ストレスで余計に脱毛が進行したような気がします。
実際に、円形脱毛症の原因トップはストレスだそうですからね。

あと、スタイリング剤の使い方も間違ってました。
たっぷり使えば効果があると信じて、頭皮につくのも構わずに使ってましたから。

☆薄毛になる危ないスタイリング剤の使い方

日常生活のなかに、薄毛の原因になることがたくさん潜んでいるんです。
特に、ヘアケアは間違っている人が多いですよ。
薄毛が気になり始めたら、シャンプー剤やシャンプー方法、スタイリング剤を見直しましょう。

☆正しいシャンプー方法は薄毛解消の基本!

そして、何より、薄毛を気にしないのがイチバン!
というのが、無理なことはじゅうぶんにわかっていますが、
薄毛を気にしてイライラするとストレスで薄毛が進むだけですよ。

更年期でも、女性の薄毛は治るのですから、
少しでも前向きな気持ちで薄毛と向き合いましょう。



美容師さんに「髪が細くなった」といわれました←前の記事      次の記事→薄毛を隠す髪形のコツ


このカテゴリーのトップに行く⇒
関連記事



テーマ : 抜け毛・薄毛・若ハゲ・髪の毛の悩み
ジャンル : 心と身体

tag : 薄毛 ヘアスタイル 隠す 髪型

人気記事TOP10
女性の薄毛の治し方は抜け毛を見てわかる!
薄毛女性なら、この成分には要注意です
女性ホルモンを増やす5つの法則
育毛サプリメントの種類と選び方
女性の薄毛を治療してくれる病院の探し方
正しいシャンプー方法は薄毛解消の基本!
女性ホルモンを自然に増やして薄毛解消
育毛マッサージ(2)アタマにある代表的なツボ
育毛剤ってホントに効果があるの?
シャンプーには薄毛になる危険がいっぱい
カテゴリ
Ads by Google
プライバシーポリシー
RSS
My Yahoo!に追加
Add to Google
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 発毛・育毛
ブログランキング
FC2 Blog Ranking
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。