スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



薄毛女性なら、シャンプーの悪い成分に要注意

詳しくは、

☆シャンプーには薄毛になる危険がいっぱい

☆シャンプーの合成界面活性剤のコワイ話

のところに書いたのですが、ややこしい話なので、あらためて、まとめておきますね。

まず、こんな成分が入っているシャンプーはできるだけ避けましょう。

スルホコハク酸ラウレス2Na
ラウレス硫酸Na(ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩)
ラウリル硫酸Na(ドデシル硫酸ナトリウム)
ラウリル硫酸アンモニウム
ラウレス硫酸アンモニウム
ラウレス硫酸TEA
パレスー3硫酸アンモニウム
ジステアリン酸グリコール
ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸塩
直鎖アルキルベンゼンスルホン酸Na
オレフィンスルホン酸Na
テトラデセンスルホン酸Na

以上、すべて合成界面活性剤です。

「~硫酸」「~スルホン酸」が多いことがわかりますね。
面倒なら、この2つの単語だけ覚えておいてください。
この単語が入っていたら、そのシャンプーは避けるということでw

あ、繰り返しますが、わたしは合成界面活性剤、すべてが悪いといってるわけではありません。

合成界面活性剤は、単に作り方から来ている名称で、
天然成分を原料につかっていても、製造工程で化学合成していると、こう呼ばれます。

ただ、上にあげた成分は、かなり洗浄力が強くて、頭皮の油をとり過ぎてしまいます。
また、わずかではありますが、たんぱく質変性作用があります。

ですから皮膚に刺激が強く、
更年期で薄毛になった女性の乾燥気味で敏感な頭皮に良いとはいえないのです。

ほかに気をつけたい成分としては、

PPG-7(ポリプロピレングリコール)で乳化剤として使われています。
これは化粧品にも入っている成分ですが、弱い皮膚毒性が確認されているので、念のため避けましょう。
わたしが確認した限りでは、500~1500円ていどで買えるシャンプーには、ほとんど入っていました。

シャンプーの背面の表示はかなり細かいので、選ぶとき面倒だと思いますが、
薄毛を改善するためです!
少したいへんでも、きちんと成分を確認しましょう。
関連記事



テーマ : 抜け毛・薄毛・若ハゲ・髪の毛の悩み
ジャンル : 心と身体

tag : 女性の薄毛 シャンプー 成分

人気記事TOP10
女性の薄毛の治し方は抜け毛を見てわかる!
薄毛女性なら、この成分には要注意です
女性ホルモンを増やす5つの法則
育毛サプリメントの種類と選び方
女性の薄毛を治療してくれる病院の探し方
正しいシャンプー方法は薄毛解消の基本!
女性ホルモンを自然に増やして薄毛解消
育毛マッサージ(2)アタマにある代表的なツボ
育毛剤ってホントに効果があるの?
シャンプーには薄毛になる危険がいっぱい
カテゴリ
Ads by Google
プライバシーポリシー
RSS
My Yahoo!に追加
Add to Google
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 発毛・育毛
ブログランキング
FC2 Blog Ranking
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。