スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



更年期薄毛は和食で治す

更年期の女性の薄毛の大きな原因は、女性ホルモンの低下、
そして老化(イヤな言葉!)ですが、
この2つに対抗するために、ぜったいに見直したいのが、生活習慣と食習慣です。

女性ホルモンの一つ、エストロゲンは、健康なお肌をつくる働きのほかに、

・骨を丈夫に保つ
・HDL(善玉)コレステロール合成を促進する
・LDL(悪玉)コレステロール合成を抑制する

などの作用があります。
老齢の女性に多い骨粗しょう症は、女性ホルモンの減少のためなんですね。

そして、悪玉コレステロールが増えると、糖尿病や心臓病、高脂血症など
いわゆる生活習慣病のリスクが高くなります。

平成18年度の「厚生労働省国民栄養調査」によると
高脂血症有病者の割りあいは、40代女性では、3.9%だったのが50代になると14.9%に急増しています。
さらに60代になると22.9%、70歳以上では28.4%となっています。

更年期の女性は、生活習慣病に要注意ということが、この調査からもわかりますね。

wasyoku

そして、生活習慣病の大きな原因が食生活の欧米化です。
いまの日本人の食生活では、肉や乳製品などのとりすぎと、野菜不足が深刻な問題になっています。
いまの日本人の平均野菜摂取量は、アメリカ人よりも少ないのです。

もっとも野菜をとっている50~60代の世代でさえ、
厚生労働省が推奨する1日あたり350gにわずかに足りない340gとなっています。

肉食がいけないといわれるのは、動物性タンパク質と同時に動物性脂肪を摂取してしまうからです。
しかも面白いことに、食生活の欧米化とともに男女とも、
薄毛で悩む人が増えていると指摘する専門家が多いんですね。

医学的な調査はされていないので、ぜったいに確実とはいえませんが、
動物性脂肪はコレステロールがたまりやすく、血液をドロドロにして血行を悪くしますから、
髪の毛に栄養が届きにくくなり、育毛に良い環境とはいえません。


女性の薄毛の原因は複雑で、医学的にはまだ解明されてませんので、あくまで経験値ですが。

また和食の野菜料理は煮物が多く、油をつかわずヘルシーなうえに冷え性の改善にもなります。
漢方の考え方では、生の野菜、特にサラダに使う夏野菜は身体を冷やすとされています。
大根も生でたべると身体を冷やすのですが、火を通して食べると身体を温めます。

それにサラダでは大量に野菜を食べても、食物繊維が少ししかとれません。
よく食物繊維のたとえでCMなどに「レタス○個ぶん」と出てくるのは、
実はレタスには食物繊維がほとんど入っていないからです。

冷え性も薄毛の原因の一つですし、胃腸の働きが悪くなると薄毛になると主張する専門家もいます。

☆更年期の冷え性は薄毛にも大敵です

さらに、和食に欠かせない大豆製品は、女性ホルモン補ってくれる栄養素を含んでいます。

☆女性ホルモンの代わりは大豆イソフラボン


以上のような理由から、健康のためにも薄毛解消のためにも、
更年期は肉食中心の洋食から、お魚や大豆中心の和食へと切り替えたほうが良い時期なんです。
すぐにはムリでも、少しずつ、和食メニューを多くしていきましょう。


                           次の記事→髪の毛の材料はたんぱく質です
関連記事



テーマ : 抜け毛・薄毛・若ハゲ・髪の毛の悩み
ジャンル : 心と身体

tag : 女性の薄毛 食事 食べ物 効果

人気記事TOP10
女性の薄毛の治し方は抜け毛を見てわかる!
薄毛女性なら、この成分には要注意です
女性ホルモンを増やす5つの法則
育毛サプリメントの種類と選び方
女性の薄毛を治療してくれる病院の探し方
正しいシャンプー方法は薄毛解消の基本!
女性ホルモンを自然に増やして薄毛解消
育毛マッサージ(2)アタマにある代表的なツボ
育毛剤ってホントに効果があるの?
シャンプーには薄毛になる危険がいっぱい
カテゴリ
Ads by Google
プライバシーポリシー
RSS
My Yahoo!に追加
Add to Google
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 発毛・育毛
ブログランキング
FC2 Blog Ranking
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。