コラーゲンは抜け毛予防に効果あり!

美肌に良い、シワを防ぐとされるコラーゲンが
育毛にも良いという情報がネットを中心にささやかれています。

コラーゲンはタンパク質の一種で、
生体内に約10万種あるたんぱく質のうちの約30%がコラーゲンです。

そして皮膚だけでなく、筋肉・内臓・骨・関節・目・髪など、
あらゆる全身の組織に含まれており、主にそれらの細胞をつなぎとめる働きをしています


ただし、ひとくちにコラーゲンといっても、ヒトには30種類以上あることがわかっていて、
骨に含まれるコラーゲン、皮膚を作るコラーゲンなど性質や型もさまざまです。

皮膚の真皮は70%がコラーゲンなのでコラーゲンを食べると美肌に良いといわれるのです。
もちろん、毛根があるのも真皮ですから、コラーゲンを摂取することによって、
真皮が丈夫になり、抜け毛予防の効果があることが実験でわかっています。


コラーゲンは胃酸で分解されてしまうため効果は疑問だとする意見もありますが、
通常のタンパク質で摂取するよりも、 コラーゲンで摂取した方が
その後のコラーゲンの生成が多いといわれています。

ただし、髪の毛に関しては抜け毛予防にはなっても、
肝心の「発毛」効果となると、医学的にはまったく証明されていないのが現状です。


collagen

ただ、アメリカで行われた実験では、毎日14gのコラーゲンを2ヶ月間飲み続けたところ、
髪の太さが約10%太くなったという研究結果が報告されています。


また更年期にはいって、美容のためにコラーゲンを積極的に摂取するようになったら、
髪の毛にハリやツヤが戻ったという話は女性誌でも何回も取り上げられているので、
コラーゲンには髪の毛を太く、しっかりさせる効果はありそうです。

ただし、先の実験ではコラーゲンの摂取をやめると元にもどってしまったそうですから、
継続して摂取することが大切だといえます。

2011年2月には、17型コラーゲンが脱毛や白髪と関連していることが発表されました。

☆白髪や脱毛を防ぐのはコラーゲン!

しかし、この研究ではコラーゲンを多く含む食品を食べても17型コラーゲンが増えるわけではなく、
白髪・脱毛防止効果はないとの結論でした。
つまり、医学的にまだ不明な点が多いのです。


コラーゲンは骨の約90%、皮膚の約70%を占めている重要なタンパク質ですので、
美容と健康のために摂取するのは良いことです。
ただ、医学的にわかっているのは「脱毛予防」までで、発毛効果は不明なことはお忘れなく。

また健康のためにコラーゲンを摂取する際の目安は1日5gです。
これはだいたい鮭250g(2.5切れ)、手羽先4本、ちりめんじゃこ22g、うなぎ14gにあたります。


現在の食生活にプラスして、これだけの量を摂取するとなるとカロリーも心配ですよね。
現実的に考えるとサプリメントを利用するのがよさそうです。
関連記事



テーマ : 抜け毛・薄毛・若ハゲ・髪の毛の悩み
ジャンル : 心と身体

tag : コラーゲン 育毛 薄毛

人気記事TOP10
女性の薄毛の治し方は抜け毛を見てわかる!
薄毛女性なら、この成分には要注意です
女性ホルモンを増やす5つの法則
育毛サプリメントの種類と選び方
女性の薄毛を治療してくれる病院の探し方
正しいシャンプー方法は薄毛解消の基本!
女性ホルモンを自然に増やして薄毛解消
育毛マッサージ(2)アタマにある代表的なツボ
育毛剤ってホントに効果があるの?
シャンプーには薄毛になる危険がいっぱい
カテゴリ
Ads by Google
プライバシーポリシー
RSS
My Yahoo!に追加
Add to Google
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 発毛・育毛
ブログランキング
FC2 Blog Ranking
このエントリーをはてなブックマークに追加