女性ホルモン補充療法を考えてみても良いけれど

女性ホルモン補充療法は、一般には更年期障害の治療方法として知られています。
しかし、最近では薄毛治療の選択肢の一つとして、
女性ホルモン補充療法をすすめている形成外科などもあります。


更年期の女性が薄毛になる原因は、女性ホルモン、主にエストロゲンの低下によって、
男性ホルモンが優位になるからだといわれています。

更年期の薄毛は急減した女性ホルモンのせい

またエストロゲンは肌のハリや髪の毛のツヤ、女性らしい身体などにも関係していますし、
骨粗しょう症など女性特有の病気の予防にも有効とされていますから、
更年期の女性が女性ホルモンを増やしたいと考えるのは、無理もありません。

大豆イソフラボンが女性ホルモンに良く似た働きをすることは知られていますが、
女性ホルモンがもっとも活発に分泌される20代と同じだけの量を、
大豆イソフラボンだけで摂取するのは、少しムリがあります。


個人差はありますが、だいたい毎日、豆腐4丁も食べ続けなければいけない計算になり、
とても現実的とはいえません。

それならサプリメントで、と考えるのは誰しも同じですが、
厚生労働省が摂取過剰は害があるとしてサプリメントの上限値を1日30mgと定めています。
そこで女性ホルモン補充療法が注目されているわけです。


supplement


ただ、更年期障害がなく、薄毛治療のためだけに女性ホルモン補充療法を受けるのであれば、
保険がききませんから、だいたい1ヶ月1万~1万5000円ていどの出費は覚悟しなければなりません。

また、女性ホルモン補充療法の薄毛解消効果にも疑問があります。
女性ホルモン補充療法を受けて、髪の毛のコシやツヤが蘇ったという体験談は多いのですが、
薄毛が治ったという症例は、ほとんどないのが現状です。
 
これには、薄毛治療やアンチエイジングとしての女性ホルモン補充療法が、
まだ始まったばかりという事情も関係していますが、特効薬ではないことは確かです。

女性の薄毛の原因は複雑ですから、 
単純に女性ホルモン補充療法だけで、薄毛が解消するとも思えません。
補充療法を受けたとしても、生活全般の見直しは欠かせないのです。

生活のなかで、ちょっとしたことを心がけるだけでも女性ホルモンを増やすことはできます。

女性ホルモンを増やす5つの法則

ただ、自然に増やす方法だけでは限界があるのも事実です。
しかも女性ホルモン補充療法は、いまでは貼り薬や飲み薬がたくさん発売されていて、
ひと昔前に比べると手軽に受けられるようになっています。

ただし、薄毛治療のためだけに受けるのであれば、過剰な期待は禁物です。

更年期以降の長い年月を快適に過ごすために受けるのであればオススメですが、
薄毛解消には、効果は未知数ということを覚えておいてください。
関連記事



テーマ : 抜け毛・薄毛・若ハゲ・髪の毛の悩み
ジャンル : 心と身体

tag : 薄毛 女性ホルモン

人気記事TOP10
女性の薄毛の治し方は抜け毛を見てわかる!
薄毛女性なら、この成分には要注意です
女性ホルモンを増やす5つの法則
育毛サプリメントの種類と選び方
女性の薄毛を治療してくれる病院の探し方
正しいシャンプー方法は薄毛解消の基本!
女性ホルモンを自然に増やして薄毛解消
育毛マッサージ(2)アタマにある代表的なツボ
育毛剤ってホントに効果があるの?
シャンプーには薄毛になる危険がいっぱい
カテゴリ
Ads by Google
プライバシーポリシー
RSS
My Yahoo!に追加
Add to Google
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 発毛・育毛
ブログランキング
FC2 Blog Ranking
このエントリーをはてなブックマークに追加