スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



薄毛・白髪の解決のカギはコラーゲンだった

お肌をプリプリにしてくれる成分として、すっかりお馴染みのコラーゲンですが、
なんと毛髪にも効果があることがわかりました。

東京医科歯科大と金沢大、北海道大、弘前大などの研究チームがつきとめたもので、
毛髪の細胞が作り出すコラーゲンに脱毛や白髪を防ぐ役割があることを
アメリカの科学研究雑誌に発表しました。

ただし、すっぽんやフカヒレなど、コラーゲンを含む食べ物を食べれば、
薄毛が治るという話ではないのです。残念!

わたしたちの髪の毛の黒い色のもとは、毛根に貯蔵されている毛包幹細胞と色素幹細胞で、
どちらも毛髪が作られるときに使われます。
その際、毛根で「17型コラーゲン」というタンパク質が働き、
毛包幹細胞が枯渇せず脱毛を防いでいることが、マウスの研究で判明したそうです。



hukahire


東京医科歯科大の西村栄美教授によれば、
コラーゲンを多く含む食品を食べても「17型コラーゲン」が増えるわけではなく、
白髪・脱毛防止効果はないとのこと。

ただし、頭皮でこのコラーゲンが作られるような薬を開発すると、
一部の脱毛や白髪を治療できる可能性があるそうです。


遺伝子操作をして「17型コラーゲン」ができないようにしたマウスの実験では、
半年以内に白髪が目立つようになり、約10カ月で全身の毛が抜けました。
その後、人間の17型コラーゲンを作るよう遺伝子操作すると、
再び毛包と色素の両方の幹細胞ができ、脱毛と白髪を抑えられたとか。

これまでも先天的に「17型コラーゲン」がなく、
脱毛する病気が知られていましたが、メカニズムは不明でした。
この発見が薄毛治療の薬開発につながれば良いのですが。
関連記事



テーマ : 抜け毛・薄毛・若ハゲ・髪の毛の悩み
ジャンル : 心と身体

tag : 薄毛 白髪 治療薬

人気記事TOP10
女性の薄毛の治し方は抜け毛を見てわかる!
薄毛女性なら、この成分には要注意です
女性ホルモンを増やす5つの法則
育毛サプリメントの種類と選び方
女性の薄毛を治療してくれる病院の探し方
正しいシャンプー方法は薄毛解消の基本!
女性ホルモンを自然に増やして薄毛解消
育毛マッサージ(2)アタマにある代表的なツボ
育毛剤ってホントに効果があるの?
シャンプーには薄毛になる危険がいっぱい
カテゴリ
Ads by Google
プライバシーポリシー
RSS
My Yahoo!に追加
Add to Google
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 発毛・育毛
ブログランキング
FC2 Blog Ranking
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。