日本で最初のシャンプーが発売されたのは?

日本で最初にシャンプーができたのは意外に古く、
明治時代には「髪洗い粉」の名称で、火山灰・かまどの灰や粘土・白土などを
混ぜたものが売られていた記録があります。


その後、次第に洗髪に「粉石けん」が使われるようになり、
明治末期には、粉石けんに炭酸ソーダ・硼砂(ほうさ)を配合した洗髪料が売り出されました。
「粉石けん」は身体を洗うのと同じ石けんですから、
この「洗髪料」が日本初のシャンプーといってよいでしょう。
ただ、この頃は一般的にうどん粉・ふのり・卵白・椿油の搾りカスなどもまだまだ使われていました。

初めて商品名に「シャンプー」という言葉が使われたのは、昭和初年(1926)のこと。
葛原工業という会社が「(植物性シャンプー)モダン髪洗粉」なるものを発売しました。
これは石けんが主原料で、粉状の製品でした。

初めての液体シャンプーは、昭和5年(1930)
、当時のライオン油脂、
現在のライオンが発売したもので、「すみだ髪あらひ」一瓶130g入り(約10回分です)。

当時の洗髪の回数は、いまと比べて格段に少なかったのです。
多い人でも週に1度、一般的には月に1、2回がふつうだったのです。

というわけで、現在のシャンプーと同じような石油由来成分を使った
高級アルコール系シャンプーが発売されたのは昭和13(1938)のこと。
しかし、この頃はシャンプーは高級品で、庶民はふつうの石けんで髪をあらっていました。

女性は髪油を使って髪の毛を結っていた時代なので、
髪油をおとすためにアルカリ石けんを使うのが合理的でした。

kamiaraiko


第二次世界大戦が終わったころから女性が髪を結うことが少なくなり、
石けんで髪を洗う習慣もすたれていき、シャンプーが浸透し始めます。

それでもシャンプーが一般的になったのは、昭和30年代半ばの1960年代頃から。
リンスが初めて発売されたのも同じ頃ですが、リンスが根付くには10年以上かかりました。

庶民が気軽にシャンプーするようになったのは、昭和45年(1970)頃から。
リンスが一般的になったのも同じ頃で、盛んにテレビCMが流されたためです。

そして現在のように毎日シャンプーする人が増えたのは、
ずっとあとになって昭和55年(1980)頃といわれてます。

これはシャンプーを発売している会社が仕掛けた販売戦略です。

同じ頃、朝シャンプーする習慣「朝シャン」なども流行しましたが、
これも同じくシャンプーを売るために考え出されたもの。

毎日シャンプーするのが髪の毛や頭皮に良いという医学的根拠は皆無です。
「髪の毛に良いから」と無理して毎日シャンプーする必要はありませんよ。

☆更年期薄毛にシャンプーのし過ぎは禁物です

シャンプーするなら、正しい方法でしっかり洗いましょう。

☆正しいシャンプー方法は薄毛解消の基本!

意外と知らないで使っていませんか?

☆薄毛を防ぐリンス、コンディショナーの使い方



関連記事

テーマ : 抜け毛・薄毛・若ハゲ・髪の毛の悩み
ジャンル : 心と身体

tag : 薄毛女性 シャンプー 日本初 リンス 歴史

人気記事TOP10
女性の薄毛の治し方は抜け毛を見てわかる!
薄毛女性なら、この成分には要注意です
女性ホルモンを増やす5つの法則
育毛サプリメントの種類と選び方
女性の薄毛を治療してくれる病院の探し方
正しいシャンプー方法は薄毛解消の基本!
女性ホルモンを自然に増やして薄毛解消
育毛マッサージ(2)アタマにある代表的なツボ
育毛剤ってホントに効果があるの?
シャンプーには薄毛になる危険がいっぱい
カテゴリ
Ads by Google
プライバシーポリシー
RSS
My Yahoo!に追加
Add to Google
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 発毛・育毛
ブログランキング
FC2 Blog Ranking
このエントリーをはてなブックマークに追加