特報!ついにハゲの原因が特定されました!

大ニュースです!ついにハゲの原因が特定されました!
というより、ハゲはハゲでなかったという大発見です。

薄毛やハゲに希望をもたらしてくれたのは、米ペンシルバニア大研究班。
脱毛症の男性17人の頭皮の毛根を調べてみたところ、
なんとハゲてるところは正常な頭皮部分よりも
「プロスタグランジン(Prostaglandin:PGD2)」と呼ばれるタンパク質が3倍集中していることがわかったそう。

このPGD2が溜まると、毛が縮んで皮膚から出れないぐらい短くなって、
しまいには顕微鏡で見ないとわからなくなるのだそうです。


protein
(↑PGD2の顕微鏡写真)

つまりツルツルのハゲでも、実は毛はあったんです。見えないだけで。
いままでの研究でも、ハゲや薄毛の人でも、
頭皮のなかには毛を育てる幹細胞は無傷で残ってることがわかっています。
もちろん、毛包も残っています。

ですから、毛を縮ませるPGD2という憎らしいタンパク質を排除することができれば、
髪の毛が元の状態に戻るのではないか、と考えられるわけです。

「次なるステップは、この受容器官を抑制する化合物を探し、(PGD2の)受容をリバースすることですね。
それで禿げたところに毛が戻るのか、それ以上禿げるのを食い止めるだけなのか調べなければなりません」
と、コサレリ教授は意欲満々に話しています。

男性と女性のハゲ、薄毛になる仕組みは多少、異なりますが、
コサレリ教授の研究が実を結べば、女性の薄毛にも光明がみえることは間違いありません。


ちなみに、日本の頭髪業界の市場規模は1500億円ていど。
ヘアケア市場全体になると、4000億円以上になります。
どんどん開発競争をして、特効薬を早く生み出して欲しいものです。


関連記事

テーマ : 抜け毛・薄毛・若ハゲ・髪の毛の悩み
ジャンル : 心と身体

tag : 薄毛 ハゲ 原因 頭皮 特効薬 育毛

人気記事TOP10
女性の薄毛の治し方は抜け毛を見てわかる!
薄毛女性なら、この成分には要注意です
女性ホルモンを増やす5つの法則
育毛サプリメントの種類と選び方
女性の薄毛を治療してくれる病院の探し方
正しいシャンプー方法は薄毛解消の基本!
女性ホルモンを自然に増やして薄毛解消
育毛マッサージ(2)アタマにある代表的なツボ
育毛剤ってホントに効果があるの?
シャンプーには薄毛になる危険がいっぱい
カテゴリ
Ads by Google
プライバシーポリシー
RSS
My Yahoo!に追加
Add to Google
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 発毛・育毛
ブログランキング
FC2 Blog Ranking
このエントリーをはてなブックマークに追加