スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



「セレン」は取りすぎると脱毛の危険が!でも薄毛女性には強い味方!

最近、ビタミンEや亜鉛などと共に、抗酸化作用、
つまりアンチエイジング効果が高い成分として
注目されているのがセレンです。
ほかにもセレンの効果として
ガン予防、脳血栓・心筋梗塞予防、活性酸素除去などがいわれています。

抗酸化作用だけをとってみればビタミンEの約60倍!
これは女性にとっては魅力的ですよね。
ただ、最近まで毒性が強い元素と誤解されていて、
あまり積極的に活用されていませんでした。
ところが近年、研究が進み、
最初に書いたような有益な効果が注目を集めることになったのです。

またセレンは、人間の身体に必要不可欠な必須ミネラルの一つであり、
抗酸化反応をつかさどる酵素やたんぱく質を構成する要素でもあります。
さらに、甲状腺ホルモンを活性化する酵素としても重要なミネラルで、
そのことから、女性ホルモンのバランスを整え、
更年期障害や生理不順を改善する効果も期待できます。

そして薄毛に悩む女性にとって見逃せないのは、
【たんぱく質を構成する要素】という点です。

つまり、髪の毛にとって必要な栄養素であることは間違いないのです。
なにしろ、髪の毛はたんぱく質が主成分ですから。

○髪の毛の材料はたんぱく質です


とはいえ、セレンは魚介類や海草類、穀類に
比較的多く含まれる微量栄養素なので、
日本人の一般的な食生活をしていれば、
不足の心配はまずありません。

厚労省の発表によれば、日本人のセレンの平均摂取量は100μg(マイクログラム)。

納豆1パック(50gの場合)、含まれるセレンは約115μgですから、
毎日、納豆を食べていればそれだけで平均摂取量に達します。

さらに、まぐろの刺身一人前(七切れ程度、90g~120g)に
含まれるセレンは、約160~220μg。

髪の毛のためには安全が確認されている摂取上限量
250μgのセレンは毎日、摂りたいものですが、
セレンは牛乳など身近な食品にも含まれていますので、
もう一度、書きますが不足の心配はほとんどありません。

特に、安易にサプリメントに頼るのは過剰摂取の恐れがあるのでやめましょう。
ただ、セレンの安全な摂取量の上限に関しても、
欧米の医学界では600μgまでは大丈夫という主張もありますし、
そもそも摂取量の上限は、毎日、一生食べ続けても安全な量という意味ですから、
神経質になる必要は、まったくありません。
たまに食べ過ぎたくらいで病気になることはないのです。


「薄毛女性にオススメの食品」については、
下記の記事を参考にしてください。

●薄毛女性のための食事バランスガイド⇒クリックして記事を読む

●薄毛女性はシスチンとメチオンも意識しましょう⇒クリックして記事を読む

●薄毛女性の強い味方「大豆」⇒クリックして記事を読む

●緑黄色野菜が髪の毛を育てます⇒クリックして記事を読む

●更年期は和食に変える時期⇒クリックして記事を読む

****************

●イソフラボンとカプサイシンで薄毛を解消できる?⇒クリックして記事を読む




スポンサーサイト

テーマ : 抜け毛・薄毛・若ハゲ・髪の毛の悩み
ジャンル : 心と身体

tag : 薄毛女性 セレン 脱毛 危険 サプリ 老化防止 摂取量 上限 平均 納豆

人気記事TOP10
女性の薄毛の治し方は抜け毛を見てわかる!
薄毛女性なら、この成分には要注意です
女性ホルモンを増やす5つの法則
育毛サプリメントの種類と選び方
女性の薄毛を治療してくれる病院の探し方
正しいシャンプー方法は薄毛解消の基本!
女性ホルモンを自然に増やして薄毛解消
育毛マッサージ(2)アタマにある代表的なツボ
育毛剤ってホントに効果があるの?
シャンプーには薄毛になる危険がいっぱい
カテゴリ
Ads by Google
プライバシーポリシー
RSS
My Yahoo!に追加
Add to Google
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 発毛・育毛
ブログランキング
FC2 Blog Ranking
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。